研究成果

インドネシア・スラウェシ島の6つの固有のマカク種における色素遺伝子メラノコルチン1受容体(MC1R)の機能解析

Functional divergence of the pigmentation gene melanocortin-1 receptor (MC1R) in six endemic Macaca species on Sulawesi Island

22/5/10

Yan, X., Terai, Y., Widayati, K.A. et al. Functional divergence of the pigmentation gene melanocortin-1 receptor (MC1R) in six endemic Macaca species on Sulawesi Island. Sci Rep 12, 7593 (2022).

インドネシアのスラウェシ島には、地域毎に異なる環境にそれぞれ適応した6種のマカク類(スラウェシマカク)が生息しています。毛色やそのパターンも種ごとに異なっていますが、その原因となる遺伝子は見つかっていません。我々は毛色などの色素産生に関わる遺伝子MC1Rの遺伝子多様性と機能解析を行った結果、それぞれの種が固有の変異をもち、その変異によってMC1Rタンパク質の機能が変わることを見いだしました。

Yan, X., Terai, Y., Widayati, K.A. et al. Functional divergence of the pigmentation gene melanocortin-1 receptor (MC1R) in six endemic Macaca species on Sulawesi Island. Sci Rep 12, 7593 (2022).